しげちゃがチャレンジしてみました!

インターコンチネンタルホテル・グランドスタンフォード香港のスイートルーム

2020/08/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ANA SFC修行を始めた頃から、ネット情報のありがたさを痛感するようになった東京在住の働き盛りのサラリーマンです。 2018年に無事に修行を終え、航空ライフを満喫できるようになったことから、私の体験や様々な有益情報をより多くの方に共有させていただき、皆さんの生活が少しでも豊かにできるようなサイトを目指していきたいと考えています。 (ANA、スターアライアンス、空港ラウンジ、旅行、クレジットカード、ホテル、ポイントサイト、筋トレ、ランニング、など)

「インターコンチネンタルホテル・グランドスタンフォード・ホテル」一言でいって、最高のホテルでした。
お部屋も快適なスイートルームにアップグレード、眺望も良好、サービスも満点で、スタッフも超優秀。
強いてダメ出しをするならば、シャトルバスの運転手の運転が荒かったことくらいでしょうか。
香港に訪れた時には、再度宿泊してみたいホテルです。

インターコンチネンタルホテル・グランドスタンフォード香港でのアップグレード

こんばんちゃ、しげちゃです。

夏休みを利用して、家族と共に香港に行ってきました。

どこのホテルに泊まるか悩みましたが、100万ドルの夜景を部屋から一望できるホテルをということで、九龍(カオルーン)側にあって、ヴィクトリア・ハーバーに隣接したホテルから選択することにしました。

2つのインターコンチネンタルホテルとシャングリラが候補に挙がりましたが、最終的にコストパフォーマンスも考慮して、インターコンチネンタルホテルのグランドスタンフォード香港に決定しました。

このホテルはIHGというホテルグループに所属しており、私はこのグループのプラチナエリートというステータスを持っています。
このステータスは、2019年の初めのIHGとANA SFCとのステータスマッチのキャンペーンで獲得したものとなります。

ちなみに、IHGホテルグループでのステータスは4段階があり、クラブ会員 → ゴールドエリート → プラチナエリート → エスパイアエリートとなっています。

マリオットではゴールドステータスを持っていても一度もアップグレードしてもらったことがなかったので、IHGも期待できないだろうと思い、最初から100万ドルの夜景がフルウィンドーで鑑賞でき、クラブラウンジにもアクセス可能な部屋を予約しておくことにしました。

チェックインはグランドフロアではなく、1Fにあるクラブメンバー専用のデスクで行います。

そこでの説明によると、初めての利用であり、このホテルの良さを知ってほしい、ということで3段階アップのスイートルームにアップグレードさせてもらいました、とのことでした。
元の予約の部屋からすると3段階は言い過ぎじゃない?と思いながらも笑顔でThanks!と伝えたことは言うまでもありません。

 

スイートルームのお部屋は眺望もサービスも満点

チェックインした後は、しばらくそのままラウンジでくつろぎ、アフタヌーンティータイムとして冷たい飲み物とちょっとしたスゥイートをいただきました。

その後、16Fクラブラウンジのお部屋に行くと予想通り、いずれの部屋からも香港島の高層ビル群が間近に見えるすんばらしい眺望でした。
 

また、お部屋は寝室とリビングルームに分かれており、洗面台もトイレも2つあって、家族との朝のトラブルも避けることができとっても快適。

シャンプー、コンディショナー等のアメニティ類はFerragamoで統一されており、高級感たっぷりで、いつもより念入りに頭と体を洗ったことは言うまでもありません。

ウェルカムフルーツにはバナナやりんご、そして桃が盛り付けれらていました。
また、お部屋でくつろいでいると、今後はスタッフが仰々しい漆塗りの重箱のようなケースにイチゴをチョコでコーティングしたスゥイーツを持ってきてくれました。
他のホテルではあまり経験がないサービスですね。

18時からはカクテルタイムが始まりますので、再度ラウンジに行ってみます。
このラウンジへの入室時にはアクセスカードのようなものもなく、部屋番号も伝える必要がありません。顔パスで入場可能なのです。
Hi, ○○○○-sanといった感じで、個々のメンバーの顔と名前をしっかりと押さえているところがすごいと思いました。

シャンパン、ワイン、そしてビールへと進み、ほろ酔い気分になってきたところで、そろそろ、楽しみの1つであった香港島のビル群が織りなす「シンフォニーオブライツ」を見に行く時間が近づいてきました。(毎日20:00から15分間開催されています)

でも空模様が怪しくなってきたこともあり、部屋で見ることも考えましたが、音も楽しみたいということで時折雨が激しく打ち付ける中、ホテルのシャトルバスに乗ってもう1つのインターコンチネンタルホテル近くまで行き、突風に傘を弄ばれながらしっかりと鑑賞してきました。(明日はラウンジかお部屋から鑑賞するようにしようと心に誓いながら。。。)

 

朝食、フィットネスジムやプール、周辺環境など

2日目の朝、部屋のドアを開けると床に隙間にメッセージペーパーが置かれていました。
そこには「Typhoon Signal No.3 hosted…」などと書かれていました。

はい、日頃の行いのせいか、台風7号が香港付近で発生し急激に勢力を増していく真っ最中だったんですね。(ちょっとついてな~い。)

朝食はラウンジフロアの1Fとグランドフロアの間にあるMフロアでいただきました。
ラウンジはけっこう空いていたので、そもそも宿泊されている方も少ないのかぁ?と思っていましたが、超にぎわっていて、スタッフの方も空いているテーブルを見つけるのにちょっと苦労するほどでした。

お料理は和洋中印なんでもあり。
特にエッグタルトがおしいのなんのって、1人で10個以上いただきました。

さて、今日はどう過ごしましょう。
雨風が更に強くなるなかオプショナルツアーの予約もできず、無理やり町に出かけてみることにしました。
MTRを乗り継いでたどり着いた、行きたい店リストに載せていた飲茶のお店には、なんと臨時閉店の張り紙が。。。
よく見ると地下のモールにある衣料品店やお土産店など、安全を考慮して社員を早めに帰宅させるためか、臨時閉店しているところが珍しくありませんでした。(デモ対策というより台風対策ですね)

事前に整理しておいた、行きたい店リストにあるお店の中から、電話で現在も営業していることを確認し、ようやく小籠包と飲茶にありつくことができました。

 

翌日、更に雨風が強くなり、ついにSignal No.8となりました。
ホテル内にあるフィットネスジムに行き、プールで泳いで過ごそうかなと思いましたが、なんとプールは18Fの屋外にあるとのこと。

んー、であれば、雨風の影響を受けないハーバーシティ(香港で一番大きなショッピングモール)で一日過ごすことにしました。
おかげで、ブランド品店をヒヤヒヤしながらハシゴすることになり、この雨の中、手下げ袋が増えてしまうことにまりました。

 

チェックアウトも1Fのクラブメンバー専用デスクにて

そうこうしている内にチェックアウトの日がきてしまいました。

チェックアウトもグランドフロアではなく、1Fにあるクラブメンバー専用のデスクで行います。

Hi, ○○○○-sanといったしっかりと認識している感じは相変わらずすごい。
チェックアウトの旨を伝えると、調べるまでもなく追加はないので大丈夫です、とのこと。
まるで私がこの時間に来るのが分かっていたかのように。。。

このあと、ちょっとだけ落ち着いてきた雨風とSignal No.1に変更された台風レベルの現状を考慮しつつ、香港での思い出を1つでも残しておきたいという思いから、香港ディズニーランドアタックを決行しました。

 

インターコンチネンタルホテル・グランドスタンフォード香港のまとめ

一言でいって、最高のホテルでした。

お部屋も快適、眺望も良好、サービスも満点で、スタッフが超優秀。
今回はバツをつけるところがなかったですね。
強いてダメ出しをするならば、シャトルバスの運転手の運転が荒かったことくらいでしょうか。

香港リベンジの際には再度宿泊してみたいホテルです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ANA SFC修行を始めた頃から、ネット情報のありがたさを痛感するようになった東京在住の働き盛りのサラリーマンです。 2018年に無事に修行を終え、航空ライフを満喫できるようになったことから、私の体験や様々な有益情報をより多くの方に共有させていただき、皆さんの生活が少しでも豊かにできるようなサイトを目指していきたいと考えています。 (ANA、スターアライアンス、空港ラウンジ、旅行、クレジットカード、ホテル、ポイントサイト、筋トレ、ランニング、など)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© しげちゃれんじ , 2019 All Rights Reserved.