しげちゃがチャレンジしてみました!

クアラルンプールでヒルトンホテルに滞在しました(ヒルトンゴールドステータス)

2020/08/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ANA SFC修行を始めた頃から、ネット情報のありがたさを痛感するようになった東京在住の働き盛りのサラリーマンです。 2018年に無事に修行を終え、航空ライフを満喫できるようになったことから、私の体験や様々な有益情報をより多くの方に共有させていただき、皆さんの生活が少しでも豊かにできるようなサイトを目指していきたいと考えています。 (ANA、スターアライアンス、空港ラウンジ、旅行、クレジットカード、ホテル、ポイントサイト、筋トレ、ランニング、など)

ヒルトン・クアラルンプールで一番安い価格のお部屋を予約し、ゴールドステータスの特典でどこまでお得なサービスを受けられるかどうかを検証してみました。

お部屋のアップグレードこそありませんでしたが、無料の朝食とサテライトラウンジの特典を利用することができ、コストパフォーマンスは抜群でした。

また、近場の観光情報についても追記しています。

ヒルトン系列ホテル滞在、クアラルンプール編

こんばんちゃ、しげちゃです。

9月のクアラルンプール滞在で、マリオット系列のリッツカールトン、IHG系列のインターコンチネンタルに宿泊し、日本に旅立つ最終日に、
ヒルトンホテル・クアラルンプール
に宿泊してみました。

このホテルはKLセントラル駅に隣接しており、クアラルンプール空港までKLIAエクスプレスで30分で移動できます。

前回クアラルンプールに訪れた際は渋滞を恐れて余裕をもってタクシーに乗車したところ、空港に早く着き過ぎてしまい、ANAのチェクインカウンターが開くまで、空港のベンチで時間を潰すことになってしまいました。
その反省から、10:40発のKLIAエクスプレスに乗り、11:10にクアラルンプール空港に到着。
出発3時間前の11:15にカウンターが開く計算で行動したところ、時間ぴったり!。
カウンターオープンとほぼ同時にチェックインカウンターへ到着することができました。

 

クアラルンプールでマリオット系ホテルをハシゴしました (続編)

クアラルンプールでIHG系ホテル(インターコンチネンタル)に滞在しました

 

ヒルトンホテル・クアラルンプール

インターコンチネンタルホテルからタクシーに乗ること約20分、街の中心街から外れた外周を走っている自動車専用道路を経由して、KLセントラル駅に隣接しているヒルトンホテルに向かいます。

とても遠回りをしているような気がしましたが、街中は渋滞が激しいということで、結果的にはこの方が早く到着できるようです。

このホテルはル・メリディアンホテルと隣接しており、プールは共有で利用できるような仲良しな作りになっています。

KLセントラル駅から入るホテルの入り口も仲良く並んでいます。

私は、アメックスプラチナカードを所有しているので、ヒルトンのゴールドステータスが付いています。(申請手続きは事前に必要となります)

今回は帰国前の1泊ということでホテルでの滞在も短いことから、一番安いお部屋を予約し、ヒルトンゴールドでどこまで待遇がよくなるのかを試してみました。

お部屋はこんな感じ。
 

 

アップグレードは無かったようですが比較的眺めの良い、上の方の部屋をアサインしてもらえました。
ベッドルームとバスタブの間仕切り取り除ける不思議なレイアウトのお部屋となっています。

上層階にはエグゼクティブラウンジがありますが、ダイヤモンドステータスの人しか利用できないようです。
ですが、1階ロビーの奥にサテライトラウンジというのがあり、

ここはゴールドステータスの人も利用できるということで、ビールと軽食を頂きました。
(ただし、18:00~20:00のみしか使えません。)
 

それと、後で気が付いたのですが、チェックインカウンターもダイヤモンドステータスとゴールドステータス専用のゲートが用意されていました。

さて、ゴールドステータスのメリットの1つとしては、朝食が無料でついてくることにあります。
朝食はなかなかの充実ぶりでした。 もう1泊したくなるような内容でしたね。

 

 

 

 

夕食は久しぶりにステーキ

せっかく、KLセントラルに隣接していることもあり、ショッピングモールで食事をすることに。
クアラルンプール名物のカミナリ豪雨も何のその。ホテルのレストランのように雨風にさらされることなくアクセスすることができて便利です。

そろそろ、ステーキが恋しくなってきたこともあり、KLセントラルに数ある飲食店の中から日本でもおなじみのOUTBACKステーキにおじゃまし、肉をガッツリいただいてきました。
 

そういえば、クアラルンプールでビールを飲もうとすると、意外と置いていないお店が多いですね。 また、あったとしても価格が相対的に高い。

ラウンジにアクセスできる方は、そちらで頂くことをお勧めします。

 

まとめ

当時最安の会員価格での宿泊ということで、1室1泊で12,295円でした。

今回は、リッツ・カールトン、インターコンチネンタル、の後での滞在でしたが、豪華さは劣るものの、コスパや立地は最高でした。

しかも朝食メニューの充実ぶりと言ったら、私の少ないクアラ滞在ホテルの中では上位にランクされますね。

 

おまけ

たまには観光でも・・・と思い、マスジッド・ジャメに行ってみました。 

2つの川が交わるところで、クアラルンプールのルーツをたどれる場所となているようです。
ちょっとわかりにくいかもしれませんが色の異なる2つの川が交わって1つの流れとなっていくのが分かります。
移動にはKLモノレールを利用しました。

 

その後、マスジット・ジャメからほど近いところにあるセントラルマーケットでお買い物です。
ここではいろいろな現地のお土産品が手に入ります。

 

また、KLセントラルから北の方に向かって40分ほど電車で行ったところにバツーケイブという洞窟があるとのことで行ってきました。
金色に輝く巨大なムルガン神像は42.7mの高さがあるそうです。

 

階段を上る途中、野生?のサルが多数いて、ちょっかいを出すと面倒なことになりそうなので、無視してひたすら上ることをお勧めします。

ツインタワーにも上ってみたのですが・・・
写真だとその高さはいまいち伝わらないですね。
 

クアラルンプールに滞在される際の参考にしていただければ幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
ANA SFC修行を始めた頃から、ネット情報のありがたさを痛感するようになった東京在住の働き盛りのサラリーマンです。 2018年に無事に修行を終え、航空ライフを満喫できるようになったことから、私の体験や様々な有益情報をより多くの方に共有させていただき、皆さんの生活が少しでも豊かにできるようなサイトを目指していきたいと考えています。 (ANA、スターアライアンス、空港ラウンジ、旅行、クレジットカード、ホテル、ポイントサイト、筋トレ、ランニング、など)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© しげちゃれんじ , 2019 All Rights Reserved.