しげちゃがチャレンジしてみました!

2019年ANAプラチナメンバーとして海外発券(2巡目)、クアラに戻れなくなりました

2020/07/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ANA SFC修行を始めた頃から、ネット情報のありがたさを痛感するようになった東京在住の働き盛りのサラリーマンです。 2018年に無事に修行を終え、航空ライフを満喫できるようになったことから、私の体験や様々な有益情報をより多くの方に共有させていただき、皆さんの生活が少しでも豊かにできるようなサイトを目指していきたいと考えています。 (ANA、スターアライアンス、空港ラウンジ、旅行、クレジットカード、ホテル、ポイントサイト、筋トレ、ランニング、など)

クアラルンプールに戻って終了となる、今回の海外発券。
さて、日本にどうやって戻るかということで、片道の航空券を発行しても良かったのですが、この海外発券をもう少し研究してみたくなり、再度クアラルンプール発の海外発券をしてみることにしました。
今回のストップオーバーは沖縄旅行です。ですが、こんな形で海外発券を終えることになるとは。。。

クアラルンプールからの海外発券チケット(2巡目)、スタートです

こんばんちゃ、しげちゃです。

先日、クアラルンプール発の海外発券チケットの工程を全て無事に完了したところです。

2019年ANAプラチナメンバーとして海外発券、クアラルンプールから羽田、九州を経由して再びクアラルンプールへ

非常にコストパフォーマンスがよかったことから、日本への帰国は片道航空券ではなく、再び海外発券チケットを発行してしまいました。

で、今回の工程はといいますと、クアラルンプールを出発し東京に向かい、沖縄旅行を楽しんだ後に、再びクアラルンプールに帰るルートとなります。

①クアラルンプール空港 ⇒ 羽田空港
②羽田空港 ⇒ 那覇空港
③那覇空港 ⇒ 羽田空港
④羽田空港 ⇒ クアラルンプール空港

前回は九州の熊本空港と鹿児島空港の利用でしたが、今回は沖縄の那覇空港ということでプレミアムポイントをもっと貯めることができます。
(修行は終わったはずなのに、プレミアムポイントをちょいちょい意識してしまいます。。。)
でも、航空券代金は前回よりも安かったですね。
購入タイミングも影響しているのでしょうか?

もちろんプレミアムエコノミーの予約クラス”E”ということで、換算率100%でかつ、国際線区間の座席をビジネスクラスにアップグレードすることも可能なチケットとなっています。

 

クアラルンプール国際空港でのチェックイン、出国手続きからGoldenラウンジまで(ビジネスとエコノミーの違い)

クアラルンプール空港までの工程ですが、時間帯によっては道路が非常に渋滞していることもあり、今回は到着した時と同じくKLIAエクスプレスを利用することにしました。
(チケットは窓口ではなく、その横にある機械式の券売機で買ってください。10%引きになりますよ。55RM⇒49.5RM)

ANAのチェックインカウンターは出発予定時刻の3時間前にオープンになります。
隣のタイ航空のカウンターは異常に混んでいましたが、ANAのカウンターはまだ開いたばかりでエコノミークラスのカウンターにも数名の方が並んでいる方がいるくらいでした。
早速、ANAプラチナ・ビジネスクラス用のカウンターに向かい、並ぶことなくスムーズに手続きを行います。

さて、写真は撮れなかったのですが、ANAチェックインカウンターからGoldenラウンジまでの経路について簡単に振り返ってみたいと思います。

まず、ANAプレミアムチェックインカウンターでスーツケースを預けて搭乗チケットを発券してもらい、次に出国手続きを行うため1階下のフロアに降ります。

ここで1つ目のゲート(搭乗者証明)があります。
このゲートでは、パスポートと発券してもらったばかりの搭乗券を提示し搭乗者本人であることのチェックを受けます。
2名のセキュリティ担当者がチェックしていますが、全員のチェックをたった2つのゲート(2名)で行っていることから、既に行列ができています。
残念ながら、ここにはFast Passはないので、少々並ばなくてはなりません。

次に、2つ目のゲートとして出国手続きとなりますが、エコノミークラスは結構並んでいますね。
ここはビジネスクラス用の専用窓口が2つ用意されているので、ほとんど並ばずにパスすることができます。

その次に、3つ目のゲートとして保安検査場があります。
こちらもビジネスクラス用にFast Laneが用意されていますので、ストレスなくパスすることができます。
靴を脱いだり、細かいルールはありませんでしたが、一応PCとスマホはカバンから取り出して別カゴに入れてレーンを通過させます。

気になった点として、担当官が威圧的な人が多い気がします。
前回も今回も「ここはビジネスクラス専用レーンだ、あんたはここではないだろう?」と強い口調で言われました。T.T
(ビジネスクラスジネスに乗るような人に見えなかったってことかしら・・・)

このゲートをパスするとシャトルに3~5分ほど乗ってサテライトに移動します。
で、そのシャトル到着駅の真上辺りにGoldenラウンジがありますので、エレベータかエスカレータで上位階に移動し、到着となります。

 

①9月18日(木):NH886 クアラルンプール(14:15発) ⇒ 羽田(22:15着)

クアラルンプールに5泊6日滞在して、ホテルステイを楽しみ、クアラルンプールから羽田に向けて出発です。
(海外発券チケット2巡目のスタートです。)

今回のチケットもプレミアムエコノミー(クラスE)で取得しています。
同じプレミアムエコノミーであればクラスNの方がより安く購入できますが、還元率や座席のアップグレード可否を考えると、私はクラスEで購入した方が良いと考えます。

ということで、クアラルンプールから羽田までの便については早速ビジネスクラスへのアップグレードを申し込みましたが、アップグレード利用枠が既に埋まっていたようで、”空席待ち”でのエントリーとなってしまいました。
恐らく、3連休明けということもあり、日本人の旅行者が結構多かったのではないかと。
しかしながら、ビジネスクラス席の予約状況を確認してみると(3か月くらい前に)まだ3割くらいしか埋まっていなかったことから、最終的にはアップデートできるだろうと、安易な思いで待ってみることにしました。

しかしながら、いつになってもアップグレードの案内が来ません。
最終的に、搭乗日の前日の朝8時頃に「アップグレードの申し込みを承りました」というメールが届き、ようやくビジネスクラスにアップグレードすることができました。
また、今回はマイルでの申し込みであったことから、18,000マイルが速攻で引かれていました。

で、座席を確認しようとアプリを開いてみると、座席部分が”対象外”と表示されています。
そうです、出発48時間以内になると、アプリから座席の変更をすることができなくなるんでしたね。

でもアサインされた座席の確認ができないというのはちょっと不安です。
空港でのチェックイン時には、はっきりするでしょうけれど、やはり座席の場所は知っておきたく、ANAのプラチナデスクに確認してみることにしました。
ちなみにマレーシアには海外電話窓口がないために、日本に電話しなければならず、「確認します」の後の保留音が長く続くようなやり取りの場合は要注意です。

トラブル(アップグレードの情報がANAさんのシステム上でうまく反映されていなかったようです)を解決していただいた後、Webサイトのオンラインチェックインのメニューから入っていくと座席の変更ができることを教えていただきました。
そこで早速見てみると、前の方の席はきれいに埋まっており、後ろ側の席が12席空いていることが確認できました。

A列は埋まっていましたが、K列が空いていたので、後で予約変更しようとしばらくしてから再度Webサイトを見てみると、なんとK列どころか空いている席が5席になっていました。
おっ、ということはこのタイミングでアップグレードされた人、あるいはビジネスクラスのチケットを購入された人が7名もいた、ということになります・・・
慌てて、空いている座席の中で一番前にある”9G”を確保し一安心です。

この座席ですが、ビジネスクラスの2ブロック目にある一番前方にある真ん中の席になります。
はて、前に人のいないビジネスクラスの先頭の席ってどうなっていたかな?

はい、こんな感じです。 皆さんご存じでしたか?

実はテーブルのようなスペースがあって、ちょっとした物(最初にビニールに包んで置かれているマットレス、毛布やまくらなど)を置くのに非常に便利なスペースでした。
また、最近動画を撮り始めたこともあり、アクションカメラを置くのにちょうどよいスペースでしたね。

で、機材はB787-9ということで、ビジネスクラスはもちろんスタッガードになります。
快適な7時間の空の旅を楽しむことができました。

離陸後しばらくすると、すぐにお食事タイムとなります。
洋食コースの中から牛肉をオーダーし、前菜はこんな感じでした。

そして、メインの牛肉はしっかりと火が通ていて少し硬かったですが、旨みが感じられるおいしいお肉でした。

デザートは可もなく不可もなく。。。 (写真撮る前に2口食べちゃいました。。。)

そして、到着2時間前になぜか小腹が空いてきたので、一風堂のラーメン(みそ)を別途オーダーしました。

麺が少しのび気味になっていた点は残念でしたが、味は非常に良かったですね。
ボリュームもたっぷりでした。
カップラーメンがそのまま出てくる航空会社もあるようですが、ANAさんはきちんとした器で提供されてきて、その点もお料理感があってよかったですね。

②11月14日(木):ANA469 羽田(10:35発) ⇒ 那覇(13:30着)

クアラルンプールから日本に着いて、約2か月が過ぎました。(ストップオーバー期間中です。)
次はSFC修行時代に何度も訪問しましたが、一度も観光できなかった沖縄での旅行を楽しんできたいと思います。

通常の乗り継ぎであれば、24時間以内に次の目的地に飛ばなければならないのですが、海外発券の場合はストップオーバーという制度が利用でき、その制約がなくなるのです。

基本的には、クアラルンプールを出発し、クアラルンプールに戻るまでの期間は6ヶ月以内となっていますので、その間であれば何日間でも間をあけることができます。

はい、まずはチェックインですが、ANA Premium Check-In カウンターを利用します。
ですが、なにやら長蛇の列で、カウンターの扉に入りきれない人たちが約20名ほど外にはみ出して並んでいます。
この人達、みんなプレミアムメンバーの方たちなんですよね、と思いながら最後尾に並びます。
ふと横目で見ると、エコノミーの方達の列はもっともっと長かったですね。

日本全国飛び回っていらっしゃるサラリーマンの皆さん、大変ご苦労さまです。

私の座席はエコノミーで、WEB上からはアップグレード対象外となっています。
でも、プレミアムクラスが空いていたらチェックインの時にアップグレードできるようなことを聞いたことがあったのでぜひ試したみたいと思っていましたが、プレミアムクラスの空きは無く、満席とのこと。

今回は5Eというプレミアムクラスと壁を隔てた真後ろの席でした。
荷物を前のシートの下には入れられないものの、足元は広々しており、なかなか快適なフライトでした。

ほぼ定刻通りに沖縄到着です。
東京は肌寒い気候でしたが、沖縄はまだ夏ですね。

今回は2泊の短期滞在ということもあり調子に乗って、ベンツのオープンカーをレンタルしてみました。

 

早速、観光ということで、ひめゆりの塔を訪れ、戦争の悲惨さを痛感しました。

その後は、初日の宿となる、ANAインターコンチネンタルホテルに向かいます。
私はインターコンチネンタルのアンバサダープラチナメンバーなのですが、最安で予約したお部屋がどこまでアップグレードされるかがちょっと楽しみです。
(ホテルの滞在記は別に投稿させてもらう予定です。)

そして翌日は、沖縄美ら海水族館でジンベイザメを見上げてきました。
 

そして2日目の宿は、ダブルツリーbyヒルトンとなります。
こちらも私はヒルトンのゴールドメンバーということで最安で予約したお部屋がアップグレードされるかどうかがちょっと楽しみです。

 

ダブルツリーbyヒルトン那覇での滞在でヒルトンゴールドメンバーの特典は?

夜は、観光地?の1つである国際通りでお食事です。

郷土料理をいただける居酒屋さんを2件ハシゴし、最後はきっちりと88ステーキで締めました。

この②の工程におけるプレミアムポイントは、1,968PPでした。

 

③11月16日(土):ANA472 那覇(17:10発) ⇒ 羽田(19:40着) ※予定より40分遅れ

ホテルのチェックアウト時間を14時レイトチェックアクトにしてもらい、まだ購入していないお土産品を買いに国際通りに再び向かいました。
本当は、首里城に行く予定を考えていたのですが、復活した後の楽しみの取っておくことにしました。

で、国際通りの中ほどから入っていく、??市場(名前を忘れてしましました。)
現在新しい市場を建設中なのか、仮設市場となっていましたが、1階にお魚やお肉類のお店があり、それらを調理して2階で食べることができるようになっていました。

朝食を食べたばかりで残念ながら胃袋と相談する余裕がありませんでしたが、新鮮な食材が並んだそれらを見ていると、今度は絶対にここで食べようと心に誓いました。
この市場の横にはいくつものアーケード街があり、そのどこかの1店でアロハシャツを購入し、着衣のまま自宅まで帰りました。

帰りのプライトですが、行きと同様にエコノミークラスです。
チェックインカウンターにてプレミアムクラスの空き状況を確認するも、やはり空きはないとのこと。

余っているアップグレードポイントを何とか有効に使いたいのですが、なかなか難しいですね。

気を取り直し、保安検査場を抜けANAラウンジへ。
あれ、場所が違っている? そういえば那覇空港って国内線と国際線のターミナルが連結されて、ANAラウンジも新しくなり場所も変わったんですね。

離発着する飛行機を眺められる窓が無くなってしまったのは非常に残念ですが、清潔感のあるラウンジ空間に生まれ変わっていましたね。

 

最終的に出発が40分ほど遅れましたが、安定したフライトで羽田まで到着できました。

この③の工程におけるプレミアムポイントは1,968PPで、今年のプレミアムポイント総数は28,880PPとなりました。
SFCを持っているので修行の必要はなく今年のPPはこれで終わりかなと思っていたのですが、あと1,120PPで来年分のアップグレードポイントを増やせるのであれば、30,000PPにすべく、もう一往復飛ぼうかなぁと考えているところです。

 

④3月13日(金):NH885 羽田(00:05発) ⇒ クアラルンプール(06:45着) ※海外渡航自粛によりキャンセル

(2020/03/19追記)

まさか、世の中がこんな状況になっているとは、昨年11月の沖縄フライト時点では、想像もしていませんでした。

キャンセルにあたっては、最後の最後まで悩みましたが、フライトの4日前となる3/9(月)にANAのプラチナデスクに電話をして手続きを行いました。

いつもはすぐに繋がるプラチナデスクですが、大体30分ほど保留音を聞いたところでオペレーターさんと会話できるようになりました。

キャンセルの理由は?と尋ねられ、私が答えようとするよりも早く、例のウイルスが理由ですよね?と聞き返されました。
恐らく、電話の待ち呼が多いため、早く電話を捌きたいのだろうと理解した私は、オペレーターさんのリズムに合わせて予約番号等の必要な情報のみを簡潔に回答させていただきました。

私の場合、海外発券3巡目のキャンセルも必要であったため、2つの予約番号を伝えましたが、ものの2~3分で手続きは完了しました。

通常は、電話を切るとすぐに手続き完了のメールが届くところ、キャンセル手続きが殺到しており2週間後くらいになることをご容赦ください、とのことでした。
(実際には9日後の3/18に払い戻し金額が記載されたメールが届きました。実際の返金には1~2か月くらいかかるとのことです。)

電話の最後に、このような状況で大変だと思いますが、頑張ってください!とお伝えしたところ、あっありがとうございます!と、少し和らいだような声をされていました。

 

今回の予約は、①クアラルンプールから羽田、②羽田から那覇、③那覇から羽田、という海外発券で、4フライトあるなかで既に3フライトを消化していた関係上、キャンセルで払い戻される金額は微々たるもの(空港使用税くらい?)と伺っていました。
ですが、実際にはキャンセル料が無料になるほか、マイルに相当する割合での金額を払い戻していただけました。(チケット総額、約11万円のことろ、払い戻しが約4万円)

ANAさん、ありがとうございます。

 

海外発券2巡目の未完遂での終了にあたり

ウィルス騒動が顕在化してきた3月の初め頃に一度プラチナデスクに電話をし、キャンセルする場合の手続き方法と期限、ならびに手数料を確認したところ
・手続きはそのまま電話で完了できる
・期限はフライトの前日までに
・既に旅行中のチケットの払い戻しはほとんどない
・開始前のチケットは1予約チケットあたり8,000円の手数料が必要
・アップグレードに使ったマイルやアップグレードポイントも全て返還
とのことでした。

ですが最終的には、ANAからのキャンセル手数料無料の発表の後の手続きであったことから、私のお財布はほとんど痛みませんでした。

別途 クアラルンプールからランカウイ島まで確保していたAirAsiaのチケットは、フライトの直前まで電話(留守電)、メール、Twitterでのコンタクトを試みましたが、どれ1つとして応答をもらえませんでした。 Chatbotもエラー表示となりうまく使えませんでしたし・・・
このような時にこそ、航空会社のサポート力が見えてきますね。

ANAさんありがとうございました。
人類がウイルスに勝利した暁には、ガンガンに利用させていただきます。

 

海外発券3巡目のチケットも既に予約していたのですが、こちらも同時に払い戻しさせていただきました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ANA SFC修行を始めた頃から、ネット情報のありがたさを痛感するようになった東京在住の働き盛りのサラリーマンです。 2018年に無事に修行を終え、航空ライフを満喫できるようになったことから、私の体験や様々な有益情報をより多くの方に共有させていただき、皆さんの生活が少しでも豊かにできるようなサイトを目指していきたいと考えています。 (ANA、スターアライアンス、空港ラウンジ、旅行、クレジットカード、ホテル、ポイントサイト、筋トレ、ランニング、など)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© しげちゃれんじ , 2019 All Rights Reserved.