しげちゃがチャレンジしてみました!

【横浜ベイシェラトン】横浜駅直結のシティホテル、横浜ベイシェラトンのジュニアスイートに泊まってみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ANA SFC修行を始めた頃から、ネット情報のありがたさを痛感するようになった東京在住の働き盛りのサラリーマンです。 2018年に無事に修行を終え、航空ライフを満喫できるようになったことから、私の体験や様々な有益情報をより多くの方に共有させていただき、皆さんの生活が少しでも豊かにできるようなサイトを目指していきたいと考えています。 (ANA、スターアライアンス、空港ラウンジ、旅行、クレジットカード、ホテル、ポイントサイト、筋トレ、ランニング、など)

横浜駅の目の前に位置しアクセス最高のシティホテル、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズに滞在してきました。

当ホテルはクラブラウンジを備えており、高いホスピタリティと快適なホテルライフを提供していただけることから、私のお気に入りのホテルとなっています。

今回ジュニアスイートのお部屋に宿泊することができましたので、クラブラウンジやジムの様子やレストランで開催中の「ハロウィンスイーツパレード」の内容と合わせて共有させていただきたいと思います。

こちらの滞在記が少しでも皆さんの検討の参考になるとうれしいです。

 

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ (Yokohama Bay Sheraton Hotel & Towers)

こんばんちゃ、しげちゃです。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズは、”シェラトン”の名前が示す通りマリオット系列のホテルとなっており、相模鉄道の関連会社がマリオットの冠を付して運営を行っています。

マリオットでのホテルカテゴリーは”5″となっています。(2021年)

建物は地上28階、地下6階建で、客室は全348室(スイート10室)となっており、24階から27階までがクラブフロアになっています。
また、クラブラウンジ(Sheraton CLUB)は26階にあり、クラブフロアの宿泊者ならびにマリオットボンヴォイのプラチナステータス以上の方が利用可能となっています。

 

ホテルの立地

横浜駅には現在6つの鉄道会社が乗り入れており、1日の平均乗降客数はなんと約230万人(2017年度)。
新宿駅、渋谷駅、池袋駅に次ぐ世界で4番目の巨大ターミナル駅となっています。

品川駅へも約20分ほどで行くことができ、東京圏へのアクセスも抜群ですね。

 

チェックイン

この日は18:00頃に横浜駅に到着し、ホテルの地下1階からエレベータで直接26階のクラブラウンジに向かいます。

チェックインカウンターは2席あり、クラブラウンジにアクセスできるメンバーは座席に座ってゆったりとチェックイン手続きを行うことができます。

本日はなんと、クラブジュニアスイートにアップグレードしていただけました。 ありがとうございます!

スイートルームにアップグレードしていただいた時って「マリオットのエリート会員でよかった!」と思う瞬間ですよね。

 

お部屋のご紹介

今回のお部屋は71㎡の広さをもったクラブジュニアスイートになっており、24階のクラブフロアの奥の方にあります。

いったいどのようなレイアウトになっているのか楽しみですね。
ということで、早速このお部屋の中身をご紹介していきたいと思います。

 

リビングルーム

お部屋に入ると、まずはリビングルームとなっています。

扉を開けて正面には格子状の木製の仕切りがあり、右側に向かうと55インチのテレビ、そしてその正面にはソファーが用意されています。

テレビの下にはサラウンドシステムが別途取り付けられており、より迫力のある音質でテレビの映像を楽しむことができます。

ソファーは、大人が余裕で寝そべることのできるサイズのものが、2台並べて用意されていました。

そして、そのソファーの後ろには仕事がはかどりそうなデスクが用意されています。

更にその奥には4人掛けの丸テーブルも用意されていました。
照明もとってもオシャレで、壁際には大きな鏡が用意されており、真ん中にはオブジェと絵も飾ってありました。

 

ミニバー

リビングルームのソファーの横にはミニバーコーナーがあります。

ラグジュアリー系ホテルによくあるネスプレッソではなく、UCCコーヒーのカプセルセットとフリーのお水が2本用意されていました。

そして、下の棚を空けてみると冷蔵庫があり、ビールやコーラ等の飲み物が冷やされていました。

また棚の中には別途引き出しあり、上段にはグラスやカップ類が用意されており、

中段には、お皿やカトラリー、そしてワインのミニボトルが用意されていました。

そして、最下段には、電気ポットとアイスペールがありました。

 

トイレ (リビングルーム)

お部屋の扉を開けてすぐの正面には格子状の木製の仕切りを、左側に向かうと1つ目のトイレが有ります。
大きな鏡とシンクを備えた空間となっており、TOTO製の勝手に蓋が開くタイプのトイレとなっています。

 

ベッドルーム

それでは次に、テレビの横の扉から奥のお部屋に行ってみましょう。

お隣はベッドルームとなっており、お部屋の真ん中にキングサイズのベッドがドンッと置かれています。
また、ベッドの正面にはテレビが用意されており、こちらにもサラウンドシステムがセットされていました。

壁際にはクローゼットがあり、バスローブとアイロンセット、消臭剤が用意されていました。
そして、引き出しにはスリッパとワンピースタイプの部屋着が収納されており、下段にはとセーフティボックスがありました。

 

水回り

洗面台は2台あり、全面鏡張りとなっています。

アメニティは真ん中の引き出しにきれいに収納されていました。

左手にはすりガラスの扉が有り、

その奥には2つ目のトイレが用意されていました。

反対側にもすりガラスがあって、

こちらにはバスルームが用意されていました。

バスアメニティは、le grand bain (ル・グランベイン) となっています。

そして、大き目のバスタブも用意されていて、バスソルトを入れてゆったりとくつろぐことができました。

 

お部屋からの眺望

お部屋の窓からは高島屋が正面に見えました。

そして、少し左に目を移すと、みなとみらいにある”ランドマークタワー”が存在感を示していました。

更に、目線を左下に移してみると、人の行き交う横浜駅がよく見えました。

ちなみに昼間の横浜駅はこんな感じです。

天気が良く、明るくっていい日でしたね~

 

プラチナエリート以上の特典について

マリオットボンヴォイの会員になると、まずはゴールドエリートを獲得し、次に目指すのがプラチナエリートとなりますが、それぞれのステータスで得られる特典は以下の通りとなっています。
(正直、シルバーエリートについてはあまり説明するところがありません。。。)

ゴールドエリートになると、14時までのレイトチェックアウト(お部屋が空いていれば)やお部屋のアップグレード特典がついてきます。
ですが、スイートルームは対象外なんですよね。

プラチナステータスになると、ゴールドステータスよりも更に魅力的な特典が追加されます。

特に以下の特典がありがたいですね。

  • スイートルームまで(空いていれば)お部屋のアップグレードが可能
  • エグセクティブラウンジへのアクセス
  • 16時までのレイトチェックアウト
  • 選択できるウェルカムギフト

今回の滞在では、スイートルームにアップグレードしていただけました。 ありがとうございます!
また、16時までのレイトチェックアウトも可能でしたが、所用があったので13時チェックアウトに。

更に、横浜ベイシェラトンには、クラブラウンジ(Sheraton Club)の設定があり、クラブフロア以外での宿泊であっても、プラチナエリート以上であれば利用することが可能です。
こちらのラウンジの様子については、後ほど少し紹介させていただきます。

参考)マリオットのプラチナステータスをいち早く獲得されたい方は、以下を参考になさってください。

マリオット・ボンヴォイ(Marriott Bonvoy)のプラチナチャレンジで憧れのプラチナエリートに!

 

クラブラウンジ (Sheraton Club)

横浜ベイシェラトンには26階にクラブラウンジが用意されており、10:00-21:00で以下のサービスが提供されています。

・ブレックファスト(朝食)     7:00am – 10:00am ※2F コンパスのみ
・オールデイスナック      10:00am – 21:00pm
・イブニングオードブル     17:00pm – 20:00pm ※ラストオーダー 19:30
・カクテルアワー        17:00pm – 20:00pm ※ラストオーダー 19:30

 

ブレックファスト(朝食) 7:00am – 10:00pm

今回の滞在時には、ラウンジでの朝食サービスの提供は休止されており、2階のコンパスでの提供のみとなっていました。

コンパスでのサービスはフルブッフェでの提供となっており、手袋とマスクを着用して食べたいお料理を好きなだけとってくることができ、とっても幸せでした!

こちらのホテルカレーは本当においしいんですよね。

 

オールデイスナック 10:00am – 21:00pm

昼間のラウンジでは、アルコール以外のソフトドリンクをいただくことができます。

座席は結構空いていましたね。(写真は前回滞在時のものです)

久しぶりに、ジンジャーエールとアーモンド入りのキスチョコを頂きました。

そして、お願いすると、奥からアイス最中を持ってきてもらえました。(※冬の時期は置いてないそうです)

 

イブニングオードブル/カクテルアワー 17:00pm – 20:00pm

感染症対策における行政からの指導に従い、カクテルアワーでのアルコールの提供が、実施されたり停止されたりと、状況はその都度更新されています。

ここでは、私が滞在した2021年10月8日~10月9日における、クラブラウンジ(イブニングオードブル/カクテルアワー)の状況であり、最新のサービス状況と異なっている可能性があることをご理解いただけますようお願いします。

この日は、18:30から2階のシーウィンドウで「ハロイン スイーツパレード」を予約していたこともあり、ラウンジではビールを1杯だけいただき、イブニングオードブルのお料理プレートはご遠慮させていただきました。

(参考までに、前回滞在時の写真を掲載させていただきます。)

 

チェックアウト

プラチナステータスのレイトチェックアウトの特典を利用により16:00までお部屋を使わせていただけるとのことでしたが、用事が有ったので13時にチェックアウトさせていただきました。

チェックアウトも、チェックインの時と同様に26階のクラブラウンジにてゆっくりと手続きを行うことができました。

今回の滞在でも素晴らしいホスピタリティをご提供いただき大満足のホテルステイとなりました!

 

その他

シーウィンドウ 2階レストラン 「ハロウィン スイーツパレード」

今回の滞在は10月だったこともあり、2階にあるシーウィンドウでは「ハロウィンスイーツパレード」なるスイーツブッフェが開催されていました。

非常に人気のあるイベントで、全て予約制となっていましたが何とか予約枠を確保することができました。

ブッフェ形式ではありますが、お料理を取るためにテーブル前にずらっと並ぶようなことはなく、自分のスマートフォンから画面を見ながらオーダーすることができるようになっていて、これは非常に便利でしたね。

感染症を意識したお食事スタイルの1つであり、列に並んで人が密になることもなく、きれいに装われたお料理のお皿として提供いただけるので見た目も美しく、かつ自分のスマホということで使いやすく、常に良いシステムだと思いました!

iPhoneでの画面はこんな感じです。

12種類のスイーツがまとまったプレートを最初に頼みました。
どれもこれも可愛くって、食べるのがもったいないような感じでした。

なんとフルーツワインもセットになっていましたので、ラウンジで飲めなかったアルコールもこちらで頂かせてもらうことにしました。

ビーフシチューやスープも頂きました。

それ以外にも、サンドイッチやフルーツのプレートもオーダーしました。

最後に、まだ頂いていなかったスイーツとお料理を追加オーダーし、これで全種類制覇です ^^;

もう、大満足のスイーツブッフェでしたね。
次年度のスイーツブッフェにも参戦することを、硬く心に誓いました!

 

シェラトンスポーツクラブ 24時間 (ロッカー・プール・サウナは21時まで)

7階にはシェラトンスポーツクラブがあり、クラブフロアにお泊りの方は無料にて利用することができます。

フィットネスジムは24時間利用することができます。
有酸素系や筋トレマシンなど一通りの機器類が用意されており、ベンチも2台ありました。
また、日中の時間帯にはトレーナーの方が常駐されていて、質問するといろいろとアドバイスをもらうことができます。

太陽の明かりが差し込んでくるプールやジャグジーも用意されていました。(写真は公式HPよりお借りしています)

写真はありませんが、更衣ロッカー奥にはサウナも用意されていました。

 

まとめ

複数の路線が乗り入れ、とても便利な横浜駅に直結した横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズに滞在してきました。

立地の良さに加え、クラブラウンジも備えられた当ホテルでは、高いホスピタリティと快適なホテルライフを提供していただくことができました。

ラウンジサービスは政府や行政の感染症対策に沿って、柔軟にサービス内容が更新されており、しっかりとした対応が実施されていました。
朝食においても、検温・マスク・ビニール手袋の3点セットによるフルブッフェスタイルにて営業されていました。

今回はクラブジュニアスイートのお部屋をアサインいただき、更に快適なホテルライフを過ごすことができました。
また、シェラトンスポーツクラブでは、ジムやプール・サウナを利用させていただき、食べ過ぎで弛みがちな体にカツを入れることができました。

お部屋の様子につきましては、文章と写真ではうまく伝えきれないので、別途動画も作成しています。
できましたら、そちらも参考に雰囲気をつかんでいただければと思います。

全てにおいて非常に高いレベルでバランスが取れている私の大好きなホテルであり、すぐに再訪したくなってしまうホテルです。

(公式) 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

 

参考)横浜ベイシェラトン クラブツインルーム

駅直結で超便利、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズに1週間滞在してみました

 

マリオット・インターナショナル(Marriott International)泊まってみたい超豪華ホテルブランドがいっぱい

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ANA SFC修行を始めた頃から、ネット情報のありがたさを痛感するようになった東京在住の働き盛りのサラリーマンです。 2018年に無事に修行を終え、航空ライフを満喫できるようになったことから、私の体験や様々な有益情報をより多くの方に共有させていただき、皆さんの生活が少しでも豊かにできるようなサイトを目指していきたいと考えています。 (ANA、スターアライアンス、空港ラウンジ、旅行、クレジットカード、ホテル、ポイントサイト、筋トレ、ランニング、など)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© しげちゃれんじ , 2022 All Rights Reserved.